★妊婦さんにオススメしてます★《助産師・石坂先生インタビュー》

本日はいつもお客様として陶板浴に来てくださり、 また私自身も初めての出産は『まなみ助産院」にて自然分娩で出産したことでとってもお世話になった先生にインタビューさせて頂きました♪

インタビューのお題は・・・【どうして妊婦さんにオススメか・・・】

■妊婦さんにとって陶板浴は安産にオススメ■
 <質問1>妊娠中に人にどんな風にいいのでしょうか?
先生:芯から身体が温まるのが陶板浴です。陶板浴は基礎体温が上がりますので、平熱を上げる事が安産に大切なことです。(平熱を上げるのに約3ヶ月かかります) 芯から温まると体の毒素(デトックス)が出て、赤ちゃんがお腹の中で過ごしやすくなります。 体内環境がよくなり、羊水も温まって、赤ちゃんが元気になりますよ!
<質問2>どんな入り方がオススメですか?
先生:できれば仰向けがいい。 また、座ってあぐらの体制で足首を回したりと気持ちのいい範囲でストレッチもいいですね。 少し身体を動かすことでより温まりますので、赤ちゃんにもいいですよ♪ 赤ちゃんも一緒に温まって、お腹の中にいるのが気持ちよくなりますよ。
<質問3>妊娠いつ頃から入るのがいいですか?
先生:初期から出産当日まで入ってもよいでしょう。 産後もとても温まることは大切です。 産後は赤ちゃんをお腹の上に載せてあげて、一緒に入るといいですよ!(時間は赤ちゃんの機嫌や様子を見ながらでいいかと思います。約10分くらい)
<質問4>どのくらいのペースで入るのがオススメでしょうか?
先生:最初は週に1度(好転反応が出る方もいますので、身体が慣れてきたら2,3日に1回入りましょう) 臨月に入ったら毎日がオススメです。 冬場は特に足元や首と名前がつく箇所から冷えやすいので、身体を冷やさない為にも余り間をおかずに入る事をお勧めします。 夏は気温とともに体温も高くなりますので、身体と相談しながらで入るのがお勧めです。
<質問5>陶板浴から出たときに気を付ける事はありますか?
先生:汗をかくので、しっかり汗が引くまで休んで、ゆっくりめに帰りましょう。 水分補給はたっぷり、お家に帰ったら、なるべく温かい飲み物を摂りましょう。 夜も温かいお風呂に入りましょう。
<質問6>妊娠中のこんな方によりオススメです。マイナートラブルの方など・・
先生:妊娠高血圧症候群の方は冷えから来ていると東洋医学では言われています。 他には、こむら返りになる方、むくみが酷い方、妊娠中の腰痛や肩こり、 つわりが酷い方、目の疲れから来る首こりがある方にお勧めです♪
<質問7>陶板に入る事と合わせて是非、やったら効果的な事はありますか?
先生:運動、足の指マッサージ 足首回しはとっても簡単にできて、よりオススメです。 首と名のつくところは冷やさないようにしましょう。 食べ物や飲み物は常に常温なものを摂りましょう。 食べ物は旬の野菜を中心にとるといいですね。 「まごわやさしい」に基づいた野菜は体にいいですよ。 根菜などは身体を温めてくれますので、積極的に食べましょう。 是非、元気な赤ちゃんを産める・安産の為にも身体が温まる陶板浴に通ってください!!! 実際に私が取り上げた赤ちゃんのママも通って、とっても素敵な出産になりました。 自然分娩での出産でしたが、しっかり陣痛も付き、赤ちゃんも元気に生まれました^^ その後もそのママはお子様と一緒に陶板浴に週に1度で通っています。 産後の方にも是非お勧めですので、まずは体験してみましょう。 まなみ助産院・助産師 石坂直美
とってもためになるお話が聞けました^^ 石坂先生ありがとうございました。   <石坂直美先生>  

イベント情報

一覧を見る

お問い合わせ

お問い合わせはこちら 「体験したい!やってみたい!」と思ったらお気軽にお電話ください。0120-216-417

ページトップへ